沿革


1976年
(昭和51年)
 

秋本設計事務所を設立
池貝機械工業(株)殿との取引開始
(専用工作機械、多軸ボール盤、治工具 等)

1978年
(昭和53年)

浜井産業(株)殿との取引開始
(フライス盤、歯切盤、治工具 等)

1980年
(昭和55年)

社名及び組織変更して法人化
  有限会社 秋本機械設計事務所

1982年
(昭和57年)

芝浦メカトロニクス(株)殿との取引開始
(各種自動機、組立機、半導体製造装置、液晶製造装置 等)

1984年
(昭和59年)

プレス工業(株)殿との取引開始
(組立溶接治具、検査治具、ストッカー 等)

1984年
(昭和59年)

日平トヤマ(株)殿との取引開始
(研削盤、治工具 等)

1987年
(昭和62年)

トーソク(株)殿との取引開始
(半導体製造装置、計測器治具 等)

1988年
(昭和63年)
 
 

三井精機工業(株)殿との取引開始
(専用工作機械、治工具 等)
東芝テスコ(株)殿との取引開始
(各種筐体設計 等)

1989年
(平成元年)

CAD(1号機)導入 マイクロキャダム(IBM)
 

1990年
(平成2年)

菱電電子機工(株)殿との取引開始
(人工衛星関係、レーダー関連装置、工作治具 等)

1992年
(平成4年)

東急車輛製造(株)殿との取引開始
(立体駐車場、特装車両 等)

2000年
(平成12年)

CAD導入 AutoCAD(AutoDesk)
 

2002年
(平成14年)

芝浦プレシジョン殿との取引開始
(自動機 等)

2003年
(平成15年)

YMPT殿との取引開始(所在地:タイ)
(組立溶接治具、搬送装置 等)
3DCAD導入 Inventor(AutoDesk)

2005年
(平成17年)

(株)アルバック殿との取引開始
(液晶製造装置関連)

2007年
(平成19年)

(株)協和製作所殿との取引開始
(組立溶接治具、ストッカー 等)

2010年
(平成22年)

3DCAD導入 ICAD/SX PRO(富士通)
 

2012年
(平成24年)

(株)古川製作所殿との取引開始
(自動車部品溶接冶具 等)

2013年
(平成25年)

代表取締役を交代
 

2014年
(平成26年)

現在に至る